就業後フォロー

「契約満了」は派遣の基本。
WDBには安定就業を支える独自システムがあります。

良い人材を紹介しても、問題が発生して契約満了を待たずに終了となってしまっては、派遣会社としての役割を果たしたとはいえません。
スタッフが安心して仕事に取り組める環境を維持し、働く喜びを感じてもらう。そこから生まれる高い生産性によって、お客様には仕事の成果を保証する。そして、双方が気持ちよく契約満了を迎える。
WDBでは、ここまで責任をもってこそ、派遣会社としての使命を果たしたといえると考えています。

就業初期サポート

就業初期サポート

スタッフが不安を抱えやすい就業初期
小さな気がかりも早期に解決

初日の終業後、電話でスタッフの状況を確認します。さらに1週間後に電話フォローやアンケートを実施し、スタッフが不安を抱えていないか気を配ります。どんなに小さな気がかりでもすぐに対応することで、早期の離職や、小さな不安がのちに大きな不満に発展するのを防ぎます。

定期訪問システム&アンケートシステム

定期訪問システム&アンケートシステム

トラブルを未然に防止するため
就業先とスタッフの声を
大切にしています

毎月1回、WDB専任の担当者が就業先へ定期訪問に伺います。就業中のスタッフと上司にあたる方、それぞれに就業状況をヒアリングします。直接伝えづらい意見がある場合は、アンケートシステムをご利用いただけます。定期訪問とアンケートでいただいた声をもとにトラブルの未然防止に努め、安定的な就業を実現しています。

ボーナス制度「キッテルクラブ」

ボーナス制度「キッテルクラブ」

評価システムとボーナス支給で
モチベーション向上
長期安定就業につながっています

累積就業日数や皆勤率、就業先の評価に応じて、年2回ボーナスを支給しています。就業先の評価はスタッフにもフィードバックされます。ボーナス支給とあわせ、どのような点が評価され、改善してほしい点は何なのかを伝えることで、スタッフのモチベーション向上、長期安定就業につながっています。

スタッフ情報誌「CONVERSATION」

より良好な関係を築くために
就業先、スタッフ、WDBで情報を共有

月に1度発行する「CONVERSATION(カンバセーション)」には、就業現場で起こった事例やアンケートで寄せられた質問への回答など、当事者以外の方にも役立ててほしい情報を掲載しています。スタッフと就業先の双方に、同じ言葉でWDBの考え方をお伝えすることで、より良好な関係を築きたいと考えています。

長期障害所得補償制度

保険料は全額WDB負担
もしものときのサポートでスタッフに安心を

スタッフが就業中に何らかの傷病で就労ができなくなった場合に、所得の一部を補償する制度を取り入れています。WDBとの雇用契約が切れても、最長で25ヶ月間は保険金が支払われるので、復職するまで治療に専念することができます。保険料は全額WDB負担です。なお、就労できなくなったスタッフが派遣されていた就業先には、速やかに後任のスタッフを選任・派遣します。

人材をお探しの企業の方へ

ページトップへ