Strengths of WDB WDBの強み

WDBは研究職派遣を中心とした人材サービス会社です。登録者数は約15万人、お取引のある民間企業ならびに大学・公的機関の数は約1,600。独自の高品質サービスをご評価いただき、理学系研究職分野では各業界の売上上位企業の9割(※)以上とお取引実績があります。
※医薬品・化学・食品業界の売上上位50社(計150社)のうち、取引実績のある企業の割合

  • 取引実績

    • 医薬品・化学・食品業界

      医薬品・化学・食品業界

      ※売上上位50社(計150社)のうち、
      取引実績のある企業の割合

    • 公的研究機関

      公的研究機関

      ※国立研究開発法人約30法人のうち、取引実績のある法人の割合

    • 理系学部のある国公立大学

      理系学部のある国公立大学

      ※約110大学のうち、取引実績のある大学の割合

    導入実績
  • 登録者数

    150,000

    登録者の特徴
  • お取引先数

    1,600法人

    導入実績
  • 拠点

    • 2拠点

      サポートデスク

    • 81拠点

      事業所

    • 32拠点

      研修所

    拠点一覧
  • 創業

    1985

    沿革

一人一人の適性を把握し、
人選に対して責任を持つWDBは、
サービスの品質向上を
追求しつづけます

独自の品質保証プログラム

日本のモノづくりの品質は世界最高レベルです。 製造業では、お客様に製品を届ける前に厳しい品質検査を行い、お客様に対して自らが作り出す製品の品質を保証します。こういった「サービスの品質を一定以上に保つ」という考え方は、サービスを提供する立場として当然の考え方ですが、人材サービス業界では一般的ではありません。WDBは、製造業の精度の高い品質保証の考え方に倣い、人材を派遣・紹介しています。

独自の品質保証プログラムフロー 登録者の適性保証 JOB支援 教育研修
独自の品質保証プログラムフロー
登録者の適性保証
登録者の適性保証

人物面と能力を様々な視点から把握
責任を持って最適なスタッフを人選します

お客様に安心してスタッフを受け入れていただくため、複数回の選考により、登録者の適性を多面的に把握しています。WDBでは、派遣スタッフの仕事への姿勢やコミュニケーション能力、事前情報と実際のスキルとの違い等、過去にお客様から頂いたご相談をもとに、登録者の適性を保証するシステムを確立しました。様々な視点から登録者を客観的に評価することで、最適な人材の派遣・紹介を実現しています。

全ての選考を通過し、適性を保証できる登録者のみを派遣・紹介します。

  • STEP 1

    Web選考

    面接前の事前準備としてWeb履歴書・本人確認書類等の提出を義務付け、指示内容の理解度、責任感等を確認します。

  • STEP 2

    本登録

    必ず全ての登録者に面接を実施。希望条件に加えて人物面・技術面を適切に把握します。

  • STEP 3

    適性試験

    集団の中での研修姿勢や技能面、対人折衝能力、責任感や規律性等を、専任の講師の目から確認します。

JOB支援
JOB支援

就業後も独自の体制でフォロー
安定就業をサポートし、仕事の成果まで保証します

良い人材を紹介しても、問題が発生して契約満了を待たずに終了となってしまっては、派遣会社としての役割を果たしたとはいえません。スタッフが安心して仕事に取り組める環境を維持し、働く喜びを感じてもらう。そこから生まれる高い生産性によって、お客様には仕事の成果を保証する。そして、双方が気持ち良く契約満了を迎える。WDBでは、ここまで責任を持ってこそ、派遣会社としての使命を果たしたといえると考えています。

  • 就業初期サポート

    スタッフが不安を抱えやすい就業初期
    小さな気がかりも早期に解決

    就業初期サポート

    初日と就業開始1週間後には業務状況と併せて、派遣スタッフが不安を抱えていないかを確認します。派遣スタッフの状況に応じて電話でのフォローも実施しています。どんなに小さな気がかりでもすぐに対応することで、早期の離職や、小さな不安が後に大きな不満になることを防ぎます。

  • 日々の評価を可視化

    派遣スタッフとの意思疎通を円滑化
    評価について共通認識を持てます

    日々の評価を可視化

    派遣スタッフは勤務日にその日の自己評価を入力します。お客様は、派遣スタッフの自己評価を確認の上で、フィードバックを入力できます。お客様が求める基準と相違ないかが日々可視化されるため、双方で評価に対する共通認識を持って業務にあたれます。

  • 定期面談

    トラブルを未然に防止するため
    派遣先とスタッフの声を大切にしています

    定期面談

    専任の担当者が派遣先に定期面談を行います。就業中の派遣スタッフと上司にあたる方、それぞれに就業状況をヒアリングします。派遣スタッフに直接伝えづらいことがある場合は、WDBが間に入って対応します。お客様の声をもとにトラブルの未然防止に努め、安定的な就業を実現しています。

  • 就業状況報告

    派遣先の部署だけでなく人事のご担当者様にも
    定期的な状況報告を行います

    就業状況報告

    WDBが派遣スタッフに対して定期的に実施している研修結果をまとめ、3カ月に1度、ご報告します。就業先の部署だけでなく、人事のご担当者様も、派遣スタッフの勤怠や仕事の量・質等、毎月の評価推移を定期的にご確認いただけます。

教育研修
教育研修

充実した研修で、
評価され続ける・選ばれ続ける人材を育成します

2015年9月に派遣法が改正され、派遣元が派遣社員に対して教育研修(※)を行うことが義務付けられました。しかしWDBでは、義務化されるずっと前から、派遣スタッフに対して学ぶ機会を提供しています。
WDBの研修は、派遣先の声をもとに作成された独自プログラムです。WDBでは、お客様と派遣スタッフの満足、安定就業の継続につなげるため、常に研修の質の向上に努めています。
※有給による年8時間程度のキャリアアップを支援する研修

  • 入社時研修

    入社時研修

    就業前に、挨拶やマナー等、
    仕事の基本を再認識する機会を提供します

    就業前には、ビジネスマナーや報連相の基本、情報漏えいの危険性についての研修を実施し、これからスムーズに仕事をしていけるよう、働く上での基本やコンプライアンスについて再確認を促しています。

  • サポート研修

    サポート研修

    仕事にいちばん大切な、ビジネスマナーと安全意識の基本
    反復学習することで常に高い意識をキープします

    基本的なスキル・知識の定着、慣れからくる事故・トラブルの防止のためにWDBでは3カ月に1度、e-learningによる確認テストを実施しています。安全衛生の知識、実験所作、ビジネスマナー等、仕事の基礎を定期的に振り返り、確認することでスキルの定着と安定就業をサポートします。

  • 就業継続研修

    就業継続研修

    自分自身に向き合う時間が
    スタッフの業務改善・生産性向上を促します

    就業中の派遣スタッフ全員が「安全研修」「人間関係の構築研修」「生産性向上研修」等を受講します。事故のリスクやミスの防止を図り、業務の生産性向上を再考することで、サービス品質の維持・向上を支えます。改めて自分自身に向き合うことで、課題への気付きや業務改善が促されると、指揮命令者の方にご好評いただいています。研修結果は派遣先にご報告しています。