トピックス2009年

弊社製造『スジアオノリ』のご紹介

2009.11.25

環境バイオ研究所は徳島県美波町と共同で、高級食材である「スジアオノリ」の陸上養殖に取り組んでおります。
この度、美波町が一般向けの小売販売を開始するにいたりましたのでご案内いたします。

スジアオノリは緑藻類に属する、名前通り細い繊維状の形態をとる緑色の青海苔の一種で、徳島県吉野川河口部や高知県四万十川河口部に自生し、非常に豊かな香り(主成分:ジメチルサルファイド)と豊富な栄養価をもつ食材として古くから珍重されています。特に香気成分は一般によく知られる黒いスサビノリやマコンブなどの藻類と比べ数十倍含有しており、その風味が高く評価されています。

ただ、近年では河口部の環境の変化などにより天然物のスジアオノリの生産量が過去30年間で激減してしまいました。当研究所のある美波町に流れる日和佐川でも20数年前までは天然物が採れていましたが、現在ではほとんど見かけられません。

そこで2007年11月、当研究所は美波町から陸上養殖法の開発を依頼され、今日までその生産法の確立に取り組んでまいりました。

この度商品化された弊社製造のスジアオノリは、
・天然海水及び地下水を用いたきわめて清浄な環境で生産されている
・紫外線殺菌された洗浄水で処理しているため雑菌がほとんど検出されない
・天然物と遜色ない味、香りを有する
・天然物と異なり、ほぼ通年で生産できる
といった特徴があります。

弊社は、今後も皆様にとって価値のある研究開発に取り組んでいきたいと考えております。
海藻や微細藻の培養技術や利用法について、ご興味をもたれた方はぜひ一度お問い合わせください。

スジアオノリ・WDB環境バイオ研究所に関するお問い合わせ先
TEL(フリーコール):0120-957-661(営業時間 9:00~18:00)
E-mail:env@wdb.com
※E-mailをご利用の際は件名に『お問い合わせ』と御記入をお願いします。

ページトップへ