トピックス2009年

新商品『食用アコヤガイ』のご紹介

2009.09.09

この度、WDB環境バイオ研究所は愛媛県宇和島市の真珠母貝養殖業者らと共同で『食用アコヤガイ』の開発に成功いたしました。

近年の不況により真珠業界は低迷を続けており、母貝養殖業者を初めとする生産、流通業者の生計を直撃しております。そこで少しでも産業の活性化に貢献したい、という思いから真珠養殖の副産物として一部で販売されていたアコヤガイ貝柱に注目いたしました。

アコヤガイの貝柱は1キロあたり数千円で取引されている高価な地域特産品であり、これを生産者が効率よく生産することが出来れば真珠の需要低迷からくる収入減の補填となりうると考えられます。また養殖業者の方々にとって従来の資機材をそのまま転用する事が可能であり、かつ貝のままで販売できる、というメリットもあることから研究の価値があると考え、取り組んでまいりました。

今回、開発に成功した食用アコヤガイの特徴は以下の通りです。

(1)通常真珠貝養殖で用いるアコヤガイと比較し、貝柱の質量は2~5倍以上

(2)通常2~4月の間のみ可能な採苗が一年を通じて可能となったため、常時出荷が可能

(3)成長が早く、満2年で従来のアコヤガイの満3年とほぼ同じ殻長まで成長

アコヤガイ

収穫方法や保存、流通方法などに課題は残されておりますが、弊社は今後も皆様にとって価値のある研究に取り組んでいきたいと考えております。ご興味をもたれた方はぜひ一度お問い合わせください。

食用アコヤガイ・WDB環境バイオ研究所に関するお問い合わせ先
TEL(フリーコール):0120-957-661(営業時間 9:00~18:00)
E-mail:env@wdb.com
※E-mailをご利用の際は件名に『お問い合わせ』と御記入をお願いします。

ページトップへ