トピックス2008年

創業23周年のごあいさつ

2008.07.06

弊社は、2008年7月6日に創業23周年を迎えました。この春には、東京証券取引所市場第二部に上場もいたしました。これもひとえに、皆様の温かいご支援の賜物と感謝いたしております。

弊社は、1985年に兵庫県姫路市にて資本金100万円で(株)ワークデーターバンクとして創業いたしました。姫路初の事務処理サービス会社として、わずか4人でスタートし、1986年の労働者派遣法施行に伴い、一般労働者派遣事業を開始いたしました。創業以来、お客さまには「仕事の成果」をスタッフの皆様には「働く喜び」を提供できる会社でありたいという理念のもと、就業中に起こる様々な問題の早期発見・早期解決を図り、企業の皆様とスタッフの皆様との良好な関係を保っていくために、定期訪問やアンケートシステムなどの制度を一つ一つ作り上げてまいりました。

弊社にとって大きな転機となったのは研究開発分野への挑戦でした。
1996年に研究開発分野が労働者派遣法で認められて以降、研究職人材サービスへの取り組みを開始しました。関西を中心にして順調に拠点を増やし、東京に進出しましたが、大手派遣会社がひしめく東京ではうまくいかず、撤退も考えた中での挑戦でした。
この挑戦は、研究開発現場で働く皆様に受け入れていただけるサービスへと成長し、全国に展開するにいたりました。これもひとえに弊社を支持していただいているスタッフの皆様、企業の皆様あってのものと深く感謝申し上げます。

現在、弊社は人材養成という新しい取り組みに挑戦しています。
企業と働く人との単なる仲介役ではなく、働く人の価値を高めていくことがこれからの人材会社に求められる本当の役割であり、取り組むべきことだと考えています。専門性を持つ人たちに、更なる能力をつけていただくことで、雇用される機会が増える。
その能力とは、仕事の現場で発揮することができる能力とその能力を職場で存分に活かすために必要な社会人としての常識力であり、これらの能力を身につける機会を提供していくことが、弊社の役割だと私は考えています。

激しい変化と厳しい社会情勢の中にあっても、自分たちの提供するサービスの本質は何なのかを見失うことなく、お客さまには「仕事の成果」をスタッフの皆様には「働く喜び」を提供できる会社であり続けるために、今後も努力し続けます。ますますのご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 中野 敏光

ページトップへ